壁紙の貼り方

1.jpg

1. 壁に凹凸が無く、表面が滑らかであることを確認します。はがれている箇所がないこと、汚れがついていないことを確認します。

必要であれば、凹凸部分や古い壁紙の跡をパテで埋め合わせ、壁の表面を滑らかにします。

床に接着剤がつかないようにカバーを施します。

20200702_153828.jpg

2. 壁紙を広げて、柄(パターン)の位置を合わせます。

壁紙に汚れや破損がないことを確認します。

3. 壁の角が水平であることを確認します。

5c.jpg
5h.jpg

5. ローラーとペイントブラシを使い、接着剤を壁に塗ります。表面に凹凸ができないように、滑らかになるように散布します。

接着剤は不織布壁紙用のものを使います。

6h.jpg

7. ステップ4で印を付けた場所を意識しながら壁紙を貼っていきます。

8a.jpg

9. 下まで貼り終えたら壁紙をカットします。数センチほど余白を残してカットします。

壁紙をカットする際は必ず切れ味が鋭いカッターを使いましょう。

10. ステップ5を繰り返し、次の壁紙を貼ります。

4. 壁の角に壁紙を合わせ、壁紙を貼り始める位置を確認します。この時、10-20ミリ程、壁紙が壁の角をオーバーするように合わせます。

定規を使い壁紙を貼る位置に印をつけます。壁の上から下まで、間隔を開けながら印をつけます。

6a.jpg
10p.jpg

6. 壁紙を貼ります。貼る際は段ボール箱などにロールを入れておくと便利です。

7a.jpg
7e.jpg
7a.jpg

8. 壁と壁紙の間に入った空気を、専用のハケで壁紙の上をなぞるように動かして、空気を抜きます。

空気をしっかり抜くために、壁紙全体をまんべんなくブラシでなぞります。ブラシに接着剤がつかないよう注意してください。

10d.jpg
10g.jpg

11. 柄と柄の位置がぴったりと合う場所を探します。

壁紙が重なったり、隙間が空かないよう注意してください。

12. ステップ8を繰り返す

20200702_154332.jpg
20200702_154408.jpg

13. 壁紙の接続部分を確認し必要であれば位置を調整します。

接続部分を専用のローラーでなぞるように押していき、壁紙の接着を強化します。

水を含ませたスポンジで、はみ出た余分な接着剤を拭き取ります。水を含ませたスポンジで、はみ出た余分な接着剤を拭き取ります。

水を含ませたスポンジで、はみ出た余分な接着剤を拭き取ります。

15. 完成するまで上記のステップを繰り返してください。

作業終了後は風通しを良くしてください。

80256224_969318300194312_587819466811694

14. はみ出ている壁紙をカットします。定規やパテナイフなどを支えにしてカットしましょう。

カットする前に、壁の隅から隅まで、壁紙がきちんと接着できていることを確認します。

壁紙をカットする際は必ず切れ味が鋭いカッターを使いましょう。

水を含ませたスポンジで、はみ出た余分な接着剤を拭き取ります。

必要な道具

  • 不織布壁紙用の接着剤

  • ローラーとペイントブラシ

  • 水平器(レベル)

  • 鉛筆

  • メジャー

  • 定規とゴムベラ

  • 壁紙用の撫で刷毛(ハケ)

  • 壁紙ジョイント用ローラー

  • 水、スポンジ、バケツ

DSC_0006.JPG

モデル:

KRISTINA グリーン

105455566_555391905134303_62803312380931